Immun' Âge(イミュナージュ)とは?


Immun' Âgeは、大里研究所によって開発されたパパイヤ発酵食品(FPP:Fermented Papaya Preparation)です。
メーカーである株式会社大里インターナショナルの契約農場で、日本人スタッフによる管理のもとに収穫された遺伝子組換えでないカリカパパイヤを原料に、独自の発酵技術によって作られた顆粒状の発酵食品です。添加物、保存料を一切使用していないので、安心してお召し上がりいただけます。

パパイヤと発酵パワー

パパイヤは、栄養価の高い果物の一つとして知られ、近年その利点が多くの科学者からも注目を集めています。一方、世界一の長寿国・日本では、伝統的な発酵食品の納豆や味噌などを生活の中で上手く摂取してきたことが、日本人の健康を支えてきた大きな理由の一つと言われています。パパイヤと発酵食品、自然の恵みがもたらす2つの健康の秘訣を結びつけて生まれたのが Immun' Âge(イミュナージュ)です。

Immun' Age(イミュナージュ)

Immun' Age(イミュナージュ)

メーカーである株式会社大里インターナショナルの契約農場で、日本人スタッフによる管理のもとに収穫された遺伝子組換えでないカリカパパイヤを原料に、独自の発酵技術によって作られた顆粒状の発酵食品です。添加物、保存料を一切使用していないので、安心してお召し上がりいただけます。

商品の詳細へ

Immun' Âge(イミュナージュ)が選ばれる理由


数多くの研究が行われています

数多くの研究が行われています

Immun' Âge(イミュナージュ)は、2008年ノーベル医学生理学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士をはじめとして、ヨーロッパやアメリカの研究者たちが数多くのヒトを対象とした研究を行い、多数の研究論文が国際ジャーナルに発表されています。


15年間で47報の論文掲載

発酵の力に着目し開発されたFPP(パパイヤ発酵食品)は、1994年より欧米の研究機関との共同研究が開始され、2006年以降、15年間で47報もの論文がピアレビュー(査読審査)付きの国際ジャーナルに掲載され、学会でも研究発表されています。

FPPは、こうした「研究」を重視する姿勢が評価され、ブランド名 Immun' Âge(イミュナージュ)として販売され、海外では薬局や医療施設でも健康維持に利用されています。

これまでの研究結果が認められ、2018年9月14日、日本国特許庁にATP(アデノシン三リン酸)やミトコンドリアに関する特許として登録されたほか、2021年5月4日、電磁波に関わる特許として米国特許商標庁に登録されました。

ATPとミトコンドリアの役割

ATPとミトコンドリアの役割

● いつまでも若々しく元気な体を維持
● 仕事も遊びもアクティブに楽しむためにエネルギーを補給

ATP(アデノシン三リン酸)は、我々の細胞内にあるミトコンドリアで作られています。私たちが生命や体の構造を維持し、体温を保ち、運動や睡眠など生きていくための活動を継続するのに必要なエネルギーです。

ミトコンドリアは、「細胞内のエネルギー工場」と呼ばれる細胞小器官です。細胞一つに300〜400個のミトコンドリアが存在していると言われ、全身で体重の10%を占めています。ミトコンドリアの働きは多岐に渡りますが、もっとも重要な働きのひとつがエネルギー代謝です。

 栄養を素早く届ける

栄養を素早く届ける

● 長時間フライトへの備えとしてのコンディション作りに
● スポーツ時の素早いエネルギー補給に

身体には脳を守るための血液脳関門という仕組みがあり、すべての物質が脳へたどり着けるわけではありません。脳の栄養となれる物質はとても限られていますが、Immun' Âge(イミュナージュ)は単糖類を主成分としているため、血液脳関門を通過します。

24時間耐久レースのような過酷な状況や長時間にわたる空の旅では、脳のエネルギー代謝が低下するため、脳を最適に機能させることが難しくなります。素早く栄養を届けることができるImmun' Âge(イミュナージュ)は、世界中を旅する多くのアスリートやジェットセッターに愛用されています。

食の安全性へのこだわり


原料からこだわった安全性

原料からこだわった安全性

原料となるパパイヤは、メーカーの契約農場で栽培された自然の(遺伝子組換えしていない)パパイヤ。しかも日本人スタッフが入念に状態をチェックした果実だけを使用しています。そのパパイヤを独自の発酵技術により作り上げたのが、発酵食品 Immun' Âgeです。添加物、保存料は一切使用していません。まさに自然の恵みを発酵し、濃縮させた、どなたでも安心してお召し上がりいただける食品です。

ISO9001; ISO14001; ISO22000; FSSC22000の国際規格認証取得、岐阜県HACCP導入施設認定工場で製造

ISO9001; ISO14001; ISO22000; FSSC22000の国際規格認証取得、岐阜県HACCP導入施設認定工場で製造

Immun' Âge(イミュナージュ)は、安心・安全な食品を提供し、発酵食品では難しいとされる「常に一定した高品質な製品供給を保証」することを可能にするため、ISO9001: 2015(品質); ISO14001 : 2015(環境); ISO22000: 2018(食品安全); FSSC22000(商品安全認証スキーム)を取得し、岐阜県が取り組んでいるHACCP導入施設認定を受けた工場で、厳密な品質管理のもと製造されています。

自然の恵みを発酵し凝縮させたImmun' Âge(イミュナージュ)の製造過程における品質管理への取り組みに対する高い評価は、消費者に安心して使っていただけると同時に、多くの著名な科学者に研究対象として信頼される一因となっています。

Immun' Âge(イミュナージュ)
お召し上がり方


Immun' Âge(イミュナージュ)は食品ですので、食べる量や時間に決まりはありません。
目安として、1日1〜3包をご自身のお好きなタイミングでお召し上がりください。

商品一覧